Blog

いただきます。

「いただきます」

みなさん、ご飯食べる前に言ってますか?

「いただきます」って日本独自の文化らしいですね。
生産者の方、料理を作ってくれた方、何より尊い命を頂戴したことに対する感謝。
素晴らしい文化だと思います。

私は外に飲みに行った時、ついつい忘れてしまう時があります。
ちゃんと手を合わせて「いただきます」言うべきですね。
皆さんも言い忘れてた、もしくはただの言葉になってませんか?
「命」に対する感謝や敬意を忘れたらダメですよね。

新年会も終わり、今度は異動に伴う送別会か、新入社員の歓迎会か…。
お店どこにしよう…、今回は乾杯の挨拶を誰に頼もかな…。
サラリーマンの幹事の方、頭を悩ませると思います。大変ですね。
会社の飲み会って「乾杯の挨拶」ありますよね。
課長あたりが、長々と説教まじりに親父ギャグを盛り込んで、会社の発展を祈念致しまして~みたいな感じで。(私のサラリーマン時代の話ではありませんよ。ただの一般論です。)
「乾杯の挨拶」があるなら「いただきますの挨拶」もすれば良いのに。部長あたりが。
サラリーマン幹事の方、次の飲み会は部長に「いただきますの挨拶」をお願いしましょう。

革も食肉用の副産物とはいえ、命を頂いています。
そこには「生きる」という選択が許されなかった尊い命があります。
ですからPonteの商品をご購入して頂いたら、飽きたからって使い捨てにしてほしくない訳です。
商品を手に取り、「命」を感じて欲しい。
ずっと大事に相棒として育てて欲しい。
傷やシワやシミですら愛おしいと思って欲しい。
Ponteではこんな事を考えながら日々商品作りに励んでおります。

レザー メンテナンス

Guide

Contact Online Store
お問い合わせ オンラインストア